株式会社プラステコ

製品情報

超臨界不活性ガス発泡成形

ボトル飲料充填ライン

発泡押出成形システム

プラステコの超臨界不活性ガス発泡成形

超臨界不活性ガスを使用した新しい押出発泡成形システム
プラステコはグローバルなシステム構築により低価格で発泡に最適化したシステム提案が可能です。

弊社試験設備にて、ご希望の樹脂で発泡テストを実施できますので確実で短期間の装置立上げが可能です。

  • 試験装置
  • 発泡押出システム
     

    発泡剤が安全で環境に優しい

    • 炭化水素系物理発泡剤のような爆発性や可燃性がなく、設備を防爆にする必要がありません。
    • 炭化水素系物理発泡剤に比べ地球温暖化係数が小さく、地球環境に優しい技術です。
    • 化学発泡剤のような毒性がなく、残渣の影響もないためリサイクル性に優れています。

    高機能性発泡体の成形に

    • 超臨界不活性ガスによる発泡では、数μm程度の微細な気泡の形成も可能です。
      発泡ダイ
    • 従来では高倍率の発泡が困難であった結晶性樹脂等の発泡にも適用可能です。
    • 気泡径のコントロールによる光学性能の付加や、高性能断熱材への応用が可能です。

    トータル技術でサポート

    • プラステコでは、原料から成形設備一式、成形プロセスの開発まで一貫してサポートいたします。
    • 超臨界不活性ガス供給機は、二酸化炭素、窒素、その他の不活性ガスでも対応可能です。
    • 発泡成形機は、押出成形機、RIM成形機を標準でラインナップしております。

    超臨界不活性ガスRIM発泡成形

    地球に優しい超臨界不活性ガスを使用した新しい発泡成形
    プラステコは環境保全に貢献する技術で、従来は発泡に向かなかった製品の発泡や、今までに無い反応射出成形品の生産をご提案します。

    超臨界不活性ガスRIM発泡成形の特徴

    • 気泡が微細(数μm~)
    • 気泡密度が高い(109以上)
    • 同様の物理強度なら軽量化が図れる
    • 高い断熱特性を持つ(熱伝導度が低い)
    • 高周波特性が良い(誘電率が低い)
    • きめの細かいエラストマーの発泡
    • 表面性が良い(スキン層の制御が可能)
    • 独立気泡と連続気泡の制御が可能である
    • ヒケ等が発生しにくく、リブ等成形品の構造設計が自由にできる
    • 成形サイクルを短くできる
    • 環境に有害な発泡剤を使用しない
    • 爆発性の雰囲気を伴う等の危険性が無い
    • 発泡剤のコストが安価である

    超臨界不活性ガスRIM発泡成形

    超臨界不活性ガスRIM発泡成形は、プラスチック中に二酸化炭素などの不活性ガスを溶かし、急激にその圧力や温度等を変化させることで、微細で均一な発泡プラスチックを作り出すMCF(マイクロ・セルラー・フォーミング)技術です。

    PU、DCPD等の熱硬化性樹脂の型成形品の生産にご利用いただけ、従来にない微細で均一な気泡制御ができる発泡成形を可能にします。高い断熱特性や低誘電率等の付加価値を持つ新製品の開発にもお役だて頂けます。

    PUエラストマーRIM発泡サンプル

    PUエラストマーRIM発泡サンプル

    ポリジシクロペンタジエンRIM発泡サンプル

    ポリジシクロペンタジエンRIM発泡サンプル

    超臨界不活性ガス定量供給装置

    瞬時の圧力変動にも応答する精密な定量供給技術

    PLASTECO2は従来のポンプでは成し得なかった、きわめて精密な超臨界不活性ガスの定量供給を実現します。

    どのような発泡成形でも精密供給

    CO2やN2は樹脂への溶解度が小さく、小さな供給量の変動でも発泡に大きな影響を与える為、従来の圧力制御方式のポンプでは成形機内の圧力変動が供給量を変動させる要因となっていました。
    PLASTECO2では供給先の圧力に供給圧が自動追従し、常に精密な供給量を保つことが可能です。

    あらゆる不活性ガスの定量供給に

    PLASTECO2は超臨界二酸化炭素や窒素の他、あらゆる不活性ガスの定量供給に対応いたします。
    また、小型成形機用の微小供給量から、大型成形機用の大流量まで、供給圧力は標準で15MPa、25MPaですが、さらに高圧仕様へも対応可能です。

    発泡以外の用途にも

    PLASTECO2は流量制御やその他のオプション対応にも応じられますので、発泡以外の用途にも対応可能です。
    超臨界二酸化炭素を定量的に使用することが求められるあらゆるニーズにお応えします。

    PLASTECO2と従来ポンプとの性能比較

    超臨界不活性ガス定量供給装置 PLASTECO2と従来ポンプとの性能比較
    二酸化炭素定量供給装置 PLASTECO2

    二酸化炭素定量供給装置

    窒素ガス定量供給装置 PLASTECO2

    窒素ガス定量供給装置

    植物由来の生分解性発泡プラスチック容器

    超軽量薄肉PETボトル
    100%
    植物由来

    従来の石油由来のプラ植物由来スチックとは違い、
    トウモロコシやジャガイモの
    デンプン等を原料とする
    PLA(ポリ乳酸)樹脂を
    使用しています。

    超軽量薄肉PETボトル
    カーボン ニュートラル

    原料樹脂も発泡剤も
    全てが非石油由来で
    製造・廃棄過程において
    余分な CO2 を発生しません

    超軽量薄肉PETボトル
    100%
    生分解性

    堆肥中のような微生物の多い
    高温・多湿の環境下では
    約 1週間で水と二酸化炭素に
    分解されます。

    超軽量薄肉PETボトル
    低環境負荷発泡剤使用

    地球温暖化係数が小さく
    安全かつ低コストなガスを
    発泡剤として使用します。

    超臨界不活性ガス定量供給装置 PLASTECO2と従来ポンプとの性能比較

    人と、 地球に
    やさしいプラスチックを

    株式会社プラステコは独自の「超臨界不活性ガス発泡成形技術」により、これまで難しかった生分解性樹脂PLA(ポリ乳酸)の発泡成形に成功しました。当社の発泡シートは化学発泡剤を使用しない 100% 生分解性であり、世界的にプラスチックごみ問題に関心がもたれるなか、新しい環境対応製品として食品トレーや包装材、医療用製品など多岐にわたって応用できます。
    テスト用の真空成形装置及び金型がありますのでシートから成形試作まで可能です。

    究極の環境にやさしいプラスチック製品を目指して

    地球温暖化ガス

    削減

    当社独自の「超臨界不活性ガス発泡成形技 術」は、地球温暖化係数の高い炭化水素系発泡材を使用しません。また、植物由来の原料及び非石油由来の不活性ガス発泡材を使用することで、製造・廃棄過程で余分なCO₂を発生しない「カーボンニュートラル」を実現しています。

    プラスチックごみ問題

    解決

    100% 生分解性樹脂によってできたプラステコの発泡シートは、微生物の多い環境においては約1週間で自然に分解されます。また現在は樹脂の海洋分解性の研究も行っており、海洋中のプラスチックごみの解決に資するあらたなプラスチック製品の開発を進めています。

    プラステコでは協力研究機関と共に環境問題や資源問題に対応したプラスチック製品、及び製造方法の研究を行っています。世界的に石油系樹脂の使用が制約されつつありますが、これらの研究から生まれた生分解性で完全非石油由来の発泡プラスチック製品は、これからの時代にも安心して使用していける先進の素材です。

    TOPへ